不用品回収・粗大ごみ処分に関する記事を74記事発信中!

神奈川県の不用品回収業者|粗大ゴミ・引越しゴミを処分

神奈川県の不用品回収業者の人気ランキング。「今すぐに粗大ゴミを回収してほしい」「引越しでゴミが出たから処分して欲しい」そんな望みをかなえてくれる不用品回収業者【厳選3社】掲載しています。

  • 1
    スマイルワン
    対応エリア
    関東エリア1都4県
    • 即日対応
    • 日時指定
    • 買取可能
    • 引っ越し
    • 解体作業
    「スマイルワンに頼んでよかった」と言われる理由は? どこよりも安い回収料金 スマイルワンの一番の特徴は、“どこよりも安い回収料金”です。エリアを関東のみに絞り、徹底した業務の効率化とコストカットを実現。格安の金額で回収サービスを提供することで、依頼のあった数多
    お支払い方法 保証制度 お見積もり
    現金払い お問合せ下さい 無料
    0066-9687-7870 受付時間  毎日9:00~20:00
  • 2
    クリーンライフ
    対応エリア
    埼玉・千葉・神奈川・東京対応
    • 即日対応
    • 日時指定
    • 階段OK
    • 引っ越し
    埼玉・千葉を中心に最安価格で不用品回収 2015年の千葉・埼玉エリアの相見積もりからの依頼率は“88%”! クリーンライフは、個人のお客様の不用品や粗大ごみに関するお困りことを解決するため、日夜懸命に動いています。通常の不用品・粗大ごみの回収はもちろん、ごみ屋
    お支払い方法 保証制度 お見積もり
    現金払い お問い合わせください 0
    0066-9687-7609 受付時間  毎日9:00〜20:00
  • 3
    片付けクリーンアップ
    対応エリア
    東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県全域
    • 即日対応
    • 日時指定
    • 階段OK
    • 買取可能
    • 引っ越し
    • 解体作業
    片付けクリーンアップがお客様に選ばれる理由 他の業者より圧倒的に安い 「“お片付け業界最安値宣言”とはいっても、他社より高いこともあるのでは?」と思っている人もいるでしょう。ところが、片付けクリーンアップの安さは、本当なのです。たとえば実際に利用した40代自営
    お支払い方法 保証制度 お見積もり
    現金払い 最高100万円 無料
    0066-9687-7470 受付時間  8:00-24:00【土日休まず営業中】
  • HOME
  • 神奈川県対応の回収業者

神奈川県の粗大ゴミ・不用品回収・引越しゴミの処分方法

神奈川県で粗大ゴミを処分する前に、まずは神奈川県の不用品回収状況をチェック!

神奈川県

ごみ排出量は全国3位!大都市3つを擁する神奈川県の事情

神奈川県は横浜市、川崎市、相模原市という3つの政令指定都市を抱えています。実際、神奈川県の人口は東京都に次いで全国2位。西の代表である大阪府を凌いでいます。人口規模、商業規模ともに大きいわけですから、当然、ごみの排出量は全国トップクラス…。2013年のごみ総排出量データによれば、神奈川県の排出量は3,008ktで、全国3位となっています。1位の東京都が4,572ktと圧倒的ですが、2位の大阪は3,300ktですから、2位と3位の差はそれほど大きくありません。

基本的に、人口とごみ排出量は比例関係にあります。ごみを出すのは人間ですから、人口とごみ排出量が比例するのは自明の理。神奈川県のごみ排出量が多いこと自体を、とりたてて問題視する必要はありません。

ただ、全国的に埋め立て地の余裕がなくなり、ごみの最終処分が困難になりつつあるのは事実です。結局のところ、現状のごみ排出量の多寡とは関わりなく、ごみ削減は日本全国に共通した課題であると捉えるべきでしょう。

神奈川県が実施しているごみ削減の取り組みとは…?

神奈川県は21世紀に入ってから、循環型社会を目指してごみ問題に取り組んできました。2002年に策定した“神奈川県廃棄物処理計画”に則り、産業廃棄物の最終処分場−神奈川環境整備センターを開設するなど、さまざまな取り組みを進めてきています。

また、レジ袋削減のために買い物バッグ持参運動を実施している店舗をエコショップ(ごみ減量化推進協力店)に認定するなど、ごみの削減に協力的な事業者を増やす取り組みも推進。さらには、一般家庭が生ごみ処理機を購入する場合、その購入費用を助成する…という制度も行っています。事業者、一般家庭の双方に働きかけ、産業廃棄物、一般廃棄物を同時に削減していく…。これが神奈川県のごみ対策における根幹となっています。

公共事業の廃棄物を再資源化!神奈川県のリサイクル精神

もちろん、民間事業者や一般家庭にごみ削減を求めるだけではありません。神奈川県は、県の公共事業から出る廃棄物を削減するための取り組みをしているのです。公共事業の工事では、コンクリート、アスファルト、木材などの廃材が生じます。そこで、神奈川県はリサイクル指定事業者の登録制度を設け、廃材の再資源化を行いました。神奈川県自らが、率先して廃棄物の削減に取り組んだわけです。コンクリート廃材、アスファルト廃材は路盤材に、木材の廃材はウッドチップなどとして再資源化しています。

また、神奈川県は産業廃棄物として生じる汚泥の再資源化にも着手しています。下水道から発生した汚泥を焼却灰にして、セメントの原料にしているのです。廃材や汚泥であっても、十分に再資源化することは可能。神奈川県は産業廃棄物のリサイクルにおいて、極めて先進的な都道府県と言えるでしょう。

神奈川最大の都市−横浜市のごみ削減計画

かつて、横浜市はごみの排出量が非常に多い都市でした。人口370万人の大都市ですから、仕方ない部分もあるでしょう。しかし、横浜市資源循環局は2003年から2010年までの8年間で、ごみ排出量を30%削減する計画を打ち出しました。G30と呼ばれる計画です。

横浜市が徹底したごみ減量キャンペーンを繰り返した結果、2008年までに市民1人あたりのごみを27%削減することに成功。翌2009年には、21世紀がはじまった2001年と比較して42.2%のごみを削減しました。

全国的にごみ削減の重要性は浸透していますが、2001年から2008年までの削減量は全国平均で8%です。同じ神奈川県の川崎市がちょうど8%の削減ですから、特に神奈川県がごみを減らしやすい環境だったとは思えません。ひとえに横浜市資源循環局の努力の賜物です。

G30の成功により、横浜市は地球環境を救うためのモデルケースとなりました。ごみを減らすことが地球を救うことになる…というのは、決して大げさではありません。ごみを焼却すると、膨大な量の二酸化炭素(CO2)が発生します。二酸化炭素は温室効果ガスですから、温暖化の元凶。横浜市はごみを削減することで、焼却による二酸化炭素発生量を90万tも削減しました。横浜市は、地球を救うためのモデル都市になった…。そう表現しても、言い過ぎということはありません。

神奈川県のごみリサイクル率は25.3%!全国5位の高水準

ここまで、神奈川県がさまざまな取り込みを行ってきた事実を解説しました。その結果、神奈川県におけるリサイクル率は25.3%となっています。これは全国47都道府県で第5位に相当する数値です。1位から4位は順に三重県、山口県、岡山県、鳥取県となっており、すべて西日本の都道府県。東日本に限定すれば、神奈川県が第1位です。

まだ1〜4位の都道府県がある以上、満足するには早いかもしれません。しかし、東日本でもっともリサイクル率が高いという事実は誇って良いと思います。幸い、神奈川県には横浜市というモデルケースがあります。各自治体が第2、第3の横浜を目指してごみ問題に取り組めば、リサイクル率で日本一に輝く日も遠くはないでしょう。

お住まいの地域の
不用品回収業者を探す

関東

不用品回収業者
無料一括見積りはこちら

かんたん入力で
最大3社から
見積が届きます!