不用品回収・粗大ごみ処分に関する記事を75記事発信中!
【種類別】不用品の回収方法

テレビの正しい処分方法!安易な「無料回収」の文字にはご用心!

家電リサイクル法の成立から、テレビはごみとして簡単に処分できなくなりました。そのため、ブラウン管、液晶、プラズマテレビと、どのテレビでも、処分する際は料金を支払って捨てることがほとんどです。

無料で引き取ってもらえる可能性もないわけではないようですが、悪質な業者もまぎれていることが多いため、安易に処分をお願いするのは危険です。そこで今回は、テレビの正しい処分方法と、本当に無料回収かどうかを見極めるためにチェックしたいポイントについてご紹介します。

簡単1分で入力完了!最大3社一括で無料お見積もりが可能!

東京都埼玉県神奈川県千葉県限定

不要なテレビの処分は家電量販店などへ依頼しよう

テレビの処分には家電リサイクル券の購入と運搬料が必要

テレビを廃棄処分したい時は、テレビを購入した、もしくは購入する予定の家電量販店などで、引き取りを依頼する方法が一般的です。新しいテレビと引き換えに引き取ってもらえるか、処分だけ依頼することもできるかなどは店舗によって異なるので確認してみてください。処分には、家電リサイクル券によるリサイクル料金と、テレビの回収を行う業者に対する運搬料も必要です。

テレビの処分方法がわからないときは市町村に聞いてみよう

テレビの処分方法について悩んだときは、自治体に相談しましょう。自治体によっては、引取可能な家電量販店や、業者の紹介をしてくれたり、市が代行で引き取ってくれる可能性もあります。引っ越しなどによってテレビを購入したお店から遠くなったり、人から譲り受けたテレビで購入場所がわからないなどで困ったときは、一度問い合わせてみられることをおすすめします。

テレビ処分にかかる運搬料を節約するなら指定引取場所へ持ち込む方法も

テレビの処分は、リサイクル料金を支払い、「指定引取場所」へ直接持ち込むことでも処分できます。「指定引取場所」へ持ち込む場合は、自分で運搬することになるので、回収業者への運搬料は必要ありません。全国の指定引取場所がどこにあるかは、「家電製品協会のホームページ」で確認できます。

もし自分でテレビを指定引取場所へ持ち込む場合は、事前に郵便局でリサイクル料金の振込を済ませる必要があります。「郵便局振込方式」と呼ばれる方法で、家電リサイクル券の振込用紙は全国のほとんどの郵便局に置かれています。

テレビ処分に使用したリサイクル券はテレビ処分後も保管しておこう

テレビの処分のために購入した家電リサイクル券は、処分後も保管しておかれることをおすすめします。家電リサイクル券には番号が記載されており、処分が適切に行われたかどうかを確認するのにも役立つからです。

家電リサイクル法は、テレビ以外に冷蔵庫や洗濯機、エアコンにも適用されますが、その目的は部品や材料などでリサイクルして使える資源は有効活用し、廃棄物を減らそう、というものです。そのため回収したり、指定引取場所にされたテレビたちは、製造メーカーや再商品化等施設などでリサイクルされます。

手軽にテレビの処分をするなら不用品回収業者に依頼

処分前にチェックしたい、本当に「無料回収」かどうかの見極めポイントとは?

家の片づけや遺品整理、引っ越しや転勤など、状況によってはテレビをすぐにでも処分したい、場合もあります。そんな時手軽に処分が依頼できるのが不用品回収業者です。ただし、中には悪質な業者が紛れ込んでいることもあるので注意が必要です。特に、「無料回収」を謳う不用品回収業者を利用する前に注意したいポイントについても知っておきましょう。

テレビの処分を不用品回収業者に依頼するメリット

不用品回収業者を利用してテレビを処分するメリットは、自分の都合に合わせて手軽に処分ができることです。回収料はかかりますが、不用品回収業者によっては24時間即日対応という場合もあり、急いでいるときも安心です。

本当にテレビの「無料回収」ができる理由が明記されているか

テレビの処分を依頼する不用品回収業者を探してみると、ホームページなどで「無料回収」を謳う業者を見つけることもあります。こうした「無料回収」を謳っている業者の中には、無許可で回収を行ったり、実際処分する際に高額な費用や、人件費や交通費など余分な費用を請求する悪質な業者もいるので注意が必要です。

他にも、町中をトラックで走りながら「無料回収」を呼びかけている業者には、無許可で回収を行い、不法投棄や不適切な処理を行っている業者がまぎれているケースも多く、問題になっているようです。

本当に無料かどうかを見分けるポイントの一つは、「なぜ無料で回収できるか」をホームページのどこかに明記しているかどうかです。他にも、宣伝文句だけを並べるのではなく、実際に引き取った例を載せているかなども参考になることがあります。

テレビの処分を依頼する前に必ず見積もりを出してもらおう

テレビは基本的に、リサイクル対象の家電なので、処分には費用が必要です。そのため無料回収を行う不用品回収業者に依頼するのであれば、申し込む前に一度見積もりを出してもらい、本当に無料で処分できるのかを確かめましょう。もし無料回収にこだわらない場合でも、トラブルを防ぎ信頼できる業者を見つけるために、複数の不用品回収業者に見積もりをとられることをおすすめめします。

捨てるのはもったいない・・・テレビを売却処分できる可能性は?

リサイクルショップやオークションを利用する場合のポイントと注意点

処分する、といってもテレビによってはまだまだ中古で十分見られる、という場合もありますよね。とはいえ、移り変わりの激しい家電業界、どの程度なら売却処分できる可能性があるのでしょうか。

売却処分できる可能性があるテレビとは?

一般的に、リサイクルショップなどにテレビの引取を依頼する場合、次のような状態のテレビだと買取値がつきやすいようです。

  • 購入から5年以内の製品
  • 多機能、高機能で発売から7年以内の製品
  • ビデオレコーダー付きテレビ(テレビデオ)

テレビの場合は、新しければ新しいほど、売却処分できる可能性が高く、サイズが小さいものより大きいものの方が買い取ってもらえる確率は高いようです。ブラウン管テレビの場合は、買取の希望は薄いものの、テレビデオであれば比較的今でも需要があると言われています。

テレビを持ち込むなら家電専門のリサイクルショップの方がおすすめ

テレビの売却処分先にリサイクルショップを選ぶ場合は、家電専門のリサイクルショップの方がおすすめです。他のものも取り扱うリサイクルショップでも査定はしてもらえますが、家電専門の方が若干査定額が高くなる可能性があるようです。

ネットオークションなどにテレビを出品する際は梱包に気を付けよう

処分までに時間的余裕がある人はインターネットのオークションなどに出品して処分する方法もあります。リサイクルショップでは買取不可だった場合でも、オークションなら引き取り手が見つかることもあるからです。

ただしオークションなどにテレビを出品する場合は、落札・購入された場合に自分で梱包し、発送する必要があります。配送時に事故トラブルを防ぐためにも、梱包などには最新の注意を払うようにしましょう。

テレビは家電リサイクル法の対象!処分は料金を支払い適切な手順を

安易にテレビの「無料回収」の文字に惑わされないよう慎重に判断を

テレビは家電リサイクル法の対象物なので、通常処分にはリサイクル料金や運搬料が必要です。回収を依頼する場合、自分で指定引取場所へ持ち込む場合などで多少必要な料金や手順は異なりますが、正しい処分方法にのっとってリサイクルしましょう。もし、処分の仕方がわからない時は自治体に問い合わせてみるのも一つです。

今すぐにでも処分したいときは不用品回収業者に依頼するのもおすすめです。中には24時間即日対応の業者もあるので、自分の都合に合わせてテレビを処分できる可能性が高いです。ただし、不用品回収業者の中で「無料回収」を謳う業者には、本当に無料なのかどうか、見積もりなどで慎重に見極めることが大切です。

当サイトでは、簡単に複数の不用品回収業者へ一括で見積りを行ったり、信頼できる業者をランキング形式でご紹介しています。安心してテレビの処分をするためにも、ぜひご利用ください。

簡単1分で入力完了!最大3社一括で無料お見積もりが可能!

※東京・埼玉・神奈川・千葉限定

あわせて読みたい

この記事を共有する

  • Twitter
  • Facebook
  • Googleplus
  • HATENA
  • POKET

同じカテゴリの記事

お住まいの地域の
不用品回収業者を探す

関東

不用品回収業者
無料一括見積りはこちら

かんたん入力で
最大3社から
見積が届きます!

お問い合わせの多い人気の回収業者をランキングでご紹介!

  • 1
    スマイルワン スマイルワン 「スマイルワンに頼んでよかった」と言われる理由は? どこよりも安い回収料金 スマイルワンの一番の特徴は、“どこよりも安い回収料金”です。エリアを関東のみに絞り、
  • 2
    クリーンライフ クリーンライフ 埼玉・千葉を中心に最安価格で不用品回収 2015年の千葉・埼玉エリアの相見積もりからの依頼率は“88%”! クリーンライフは、個人のお客様の不用品や粗大ごみに関
  • 3
    片付けクリーンアップ 片付けクリーンアップ 片付けクリーンアップがお客様に選ばれる理由 他の業者より圧倒的に安い 「“お片付け業界最安値宣言”とはいっても、他社より高いこともあるのでは?」と思っている人も