不用品回収・粗大ごみ処分に関する記事を74記事発信中!
不用品・粗大ゴミの基礎知識

粗大ゴミ回収は不用品回収業者へ!要らない物を捨てる際に知っておきたい処分方法

粗大ゴミ

引っ越しや部屋の模様替え、家電製品の買い替えなど、さまざまな場面で必要になってくるのが、粗大ゴミの処分です。ところが、いざ処分しようとすると「家電製品はリサイクル」とか、「ベッドのマットレスはそのまま捨てられない」など、恐ろしく面倒な決めごとがズラリ!その時点で思わず引いてしまい、処分を先延ばしにしてしまいたくなった人も多いのではないでしょうか。

でも、粗大ゴミとはいえ、元はといえば家の中で活躍してくれていた大切な物たち。できれば憂鬱な気分ではなく、感謝の気持ちを込めて処分してあげたいものです。そこで、粗大ゴミを捨てるときに知っておくと便利な豆知識と、不用品回収業者を利用した賢い回収方法をご紹介しましょう。

簡単1分で入力完了!最大3社一括で無料お見積もりが可能!

東京都埼玉県神奈川県千葉県限定

粗大ゴミ回収・処分には、粗大ゴミの仕組みを知ること

燃えるゴミや資源ゴミなどの一般ゴミは、自宅の近くのゴミ置き場にパッと捨てれば済むのですが、粗大ゴミはそういうわけにはいきません。粗大ゴミの回収手続きも面倒なら、当日にゴミ置き場に持って行くのも、本当にひと苦労です。

そんな大変な思いばかりが先に立ってしまう粗大ゴミですが、長い人生の内には何度もお世話になるため、目を背けてはいられないのが現実です。ここはひとつ腹を決めて、粗大ゴミとキッチリ向き合い、粗大ゴミの仕組みをサラッとマスターしてしまいましょう!一度わかってしまうと、「なんだ、そんなことだったの?」と思えるようになり、ゴミ出しの苦痛も半減するでしょう。

そもそも粗大ゴミとは、いったい何?

粗大ゴミとは、生活のために使っていて不要になった“大型のゴミ”のことをいいます。たとえば家電製品とか、家具・寝具・スポーツ用品・趣味のために使った品物など。「一般のゴミに出せないものは、当然粗大ゴミに出す」と考えるのが普通ですが、実は庭石やタイヤ・消化器・金庫・コンクリートブロックなどのように、粗大ゴミでも捨てられない物があります。

なぜ粗大ゴミ回収は有料扱いなの?

「燃えるゴミや資源ゴミなどは無料で回収してもらえるのに、どうして粗大ゴミだけが有料なのだろう?」と思っている人も多いかもしれません。粗大ゴミが有料扱いになっている理由は、大きく分けて2つあります。ひとつは「ゴミの排出量を減らしたい」という、切実な理由です。

現実問題として自治体の最終処分場は全体的に不足しており、ゴミ処理には毎年莫大な費用がかかっています。この費用を何とか少なくするためには、粗大ゴミを有料化してゴミの排出を抑制しなければなりません。

そしてもうひとつの理由は、排出者負担の公平化です。粗大ゴミ回収のすべてを無料にしてしまうと、沢山ゴミを出す人と少ししか出さない人の間に、不公平が生まれます。有料化することで、沢山捨てる人はそれなりに痛みを感じ、“ゴミを出すのは自己責任”という意識も生まれるでしょう。

何でもタダでポイポイと捨てられるようだと、物の大切さも実感できず、地球資源の膨大な無駄遣いにもなりかねません。一見理不尽なゴミの有料制度ですが、その裏側には「物を大切にする意識を高めてほしい」という、自治体側の切なる思いがあるのです。

粗大ゴミ回収の基本的な方法、ご存知ですか?

粗大ゴミ回収の方法は自治体ごとに決めるので、各市町村によって若干方法が異なりますが、ここではごく一般的な粗大ゴミ回収の方法をご紹介します。

粗大ゴミを回収に出す場合は、まず電話やインターネットで「粗大ゴミ受付センター」に申し込み、収集日を決めます。3月の引っ越しシーズンなどは、予約でいっぱいになってしまうこともあるので、できるだけ早めに回収を申し込みましょう。

収集日が決まったら、それまでに銀行や郵便局・コンビニなどで粗大ゴミの手数料を払い、収集シールを受け取ります。収集日当日は、朝8時までに指定の場所に粗大ゴミを置き、見えやすい箇所に「確かに手数料を払いました」という意味で収集シールを貼っておきます。

実は、この「指定の場所」というのが、意外とクセものです。一戸建ての場合は玄関先だったり、マンションの場合は集合のゴミ置き場だったりするのですが、そこに粗大ゴミを置きにいくのがなかなか大変な作業なのです。椅子程度の軽い物なら問題ありませんが、タンスやサイドボードなどの重い物は、くれぐれも「どうやって運ぶか」を事前に考えてから申し込むようにしましょう。

地域の粗大ゴミセンターと、不用品回収業者の違いとは

「トラック積み放題パック」のある不用品回収業者

粗大ゴミを処分しようとしたときに、自治体の粗大ゴミ回収を利用する以外に、不用品回収業者に依頼するという方法があります。不用品回収業者は地域の粗大ゴミセンターとは違って一企業なので、サービスを提供して利益を得るという仕組みになっているのが、大きく違う点です。

「利益目的なら、かなり高いのでは?」と思うかもしれませんが、実際には労力や手続き・作業にかかる時間などを考えると、それほど大きな違いにはなりません。特に不用品が数点まとまってある場合には、“トラックにどれだけ積んでも同料金”という「トラック積み放題パック」を利用すると、金額的にあまり変わらなくなるか、または自治体のゴミ回収より安くなるケースもあります。

自治体の粗大ゴミ回収も、処分するゴミによっては数千円かかる物もあるので、処分する粗大ゴミの料金を試算した上で、どこに頼むかを決めた方が良いでしょう。

粗大ゴミを不用品回収業者に依頼するメリット

テレビ

粗大ゴミを不用品回収業者に依頼すると、いったいどんなメリットがあるのでしょうか?地域の粗大ゴミ回収にはない、不用品回収業者ならではのメリットをご紹介しましょう。

地域の粗大ゴミ回収ではNGの粗大ゴミまで、すべて処理可能

不用品回収業者は、地域の粗大ゴミ回収では断られてしまうような粗大ゴミでも、問題なく回収してもらうことができます。

家電リサイクル品

政府が「家電リサイクル品」に指定した家電製品は、地域の粗大ゴミ回収では引き取ってもらうことができません。その場合は家電リサイクル券を購入した上で、家電製品を購入したメーカーに送るか、家電リサイクルを請け負っている家電量販店に持ち込む必要があります。

洗濯機や冷蔵庫などは、ほとんどの人が持ち込むことができないので、送料を自己負担して送らなければなりません。その場合、大型家電の送料は1点5,000円~7,000円程度ととんでもなく高額で、家電リサイクル料金と送料を合わせると洗濯機は8,000円以上、冷蔵庫は10,000円以上もの負担になってしまいます。

家電リサイクル品に指定されているのは、下記の4品目です。( )内はリサイクル料金

エアコン (972円) ※取り外し料金は別途
テレビ (小1,836円・大2,916円)
冷蔵庫・冷凍庫 (小3,672円・大4,644円)
洗濯機・衣類乾燥機 (2,484円) ※取り外し料金は別途

では不用品回収業者はというと、上記の家電リサイクル品を問題なく引き取ってもらえます。しかも、トラック積み放題パックを利用した場合は、家電リサイクル料が無料になるので、積み方によってはかなりお得になります。

パソコン

パソコンは「資源有効利用促進法」に基づいて、メーカーや家電量販店が回収・リサイクルをするように定められているため、地域の粗大ゴミ回収では受け付けてもらえません。その場合は家電リサイクル品と同じように、購入したメーカーに送るか、家電量販店に持ち込む必要があります。

ちなみにヤマダ電機では、パソコンを持ち込むと100円の料金で引き取ってもらえます。そういう点では、パソコンの場合は持ち込みさえできれば、家電リサイクル品ほどの料金を取られずに済むということです。

では、不用品回収業者に頼んだ場合はどうなるでしょうか?不用品回収業者は、パソコンの回収も問題なくやってもらえます。さらに、家電量販店のように持ち込む必要もなく、デスクトップの重たいパソコンでも部屋の中まで取りにきてくれます。さらに無料で引き取ってもらえるケースもあるので、事前に調べておくと良いでしょう。

電話1本で即日対応!個人の都合に合わせてくれる

不用品回収業者は宅配業者と同じで、地域の担当者が常に周辺を車で回っています。そのため、「見積もりをしてほしい」と電話を入れると、すぐに担当者に連絡が入り、即日見積もり・回収ということも可能です。その点、「回収日は3週間後です」と平気で言われてしまう行政の粗大ゴミ回収とは、機敏性において雲泥の差があるといえるでしょう。

また、「来週の木曜日の午後しか時間が空いていない」というようなわがままな要求にも、臨機応変に対応してくれます。忙しい人にとって、曜日と時間が決められてしまっている粗大ゴミ回収は、悩みのタネ。予定が合わなければ、不用品が家に置きっぱなしになってしまう場合もあるので、個人の都合に合わせてくれるのはとても助かります。

運び出しの手間は一切不要!重い物もあっという間に回収

不用品回収業者に頼むメリットの中でも、一番助かるのがこれ!運び出しの手間が一切いらないことです。プロのスタッフが数名でやってきて、手慣れたテクニックでヒョイッと不用品を持ち上げ、壁や床を傷つけることなく回収してくれるのです。

タンスや冷蔵庫・洗濯機・サイドボード・ベッドなどの重い物は、男性二人でもやっと運べるかどうかという、とても大変な作業。ましてや女性が運ぼうなどというのは、ほぼ不可能に近いでしょう。たとえ何とか運べても、後で腰痛になってしまう人もいます。

行政の粗大ゴミ回収は金額が安い半面、不用品を指定場所に運ぶという非常に大変な作業があるため、回収当日はどうしても大騒ぎになってしまいます。この作業がまったく無いというのは、本当にうれしいことです。

ゴミ処理券なし! 自宅で見積もりや回収・支払いがすべてOK

行政の粗大ゴミ回収は、地域のゴミ回収センターに申し込んだ後に、コンビニや家電量販店などに行ってゴミ処理料金を払ったことを証明する券(シール)を購入しなければなりません。ほんのちょっとの手間ではありますが、わざわざ外出をして購入するひと手間は、意外と面倒に感じるものです。

その点、不用品回収業者はゴミ処理券も必要なく、見積もりも自宅なら、回収も支払いも自宅。どこにも出かけることなく、すんなり回収をしてもらうことができます。

「え!出せるゴミと出せないゴミがある?」とっても複雑な日本のゴミ事情

ゴミ箱

「本当にゴミの処分って、面倒くさい」と思ったことはありませんか?一般のゴミ回収だけでも、可燃ゴミと不燃ゴミだけでなく、カン・ビン・プラスチック・ペットボトル・乾電池など、項目がものすごく細かく分かれています。資源の有効活用のためには大切なことですが、ゴミを出す側としてはとても大変で、それが原因でゴミを出せなくなってしまう人もいるほどです。そんな日本の複雑なゴミ事情について、お話ししましょう。

不燃ゴミとはいったい何? 自治体ごとに違う対象品目

不燃ゴミとはその名の通り、燃えないゴミ(燃やせないゴミ)のことですが、「はて、燃えないゴミというのは、いったい何だろう?」とあらためて考えると、説明できる人はほとんどいません。「プラスチックは燃えるのではなくて溶けるのだから、いったい何のゴミ?」などといろいろ考えだすと、ますますわからなくなってきます。

不燃ゴミとは、自治体のゴミ処理施設で燃やすことができないため、小さく潰して土に埋めるゴミのことを差しています。自治体によって方針や施設の能力がちがうため、不燃ゴミの対象品目も自ずと異なってきます。言ってみれば、不燃ゴミの品目が少なければ少ない自治体ほど、燃やすか資源化している確率が高いということでしょう。

不燃ゴミとプラスチックゴミが分かれているのはなぜ?

プラスチックを分別回収し、再利用している

「プラスチックは燃えないゴミに出すのかと思ったら、プラスチックだけを分別回収すると言われて驚いた」という人がいます。これはどこの地域でもやっていることではありませんが、プラスチックを資源化して再利用できるよう取り組んでいる自治体が、いま少しずつ増えています。

たとえば神奈川県鎌倉市では、ポリプロピレンまたはポリエチレンでできた三角コーナーやザル・タッパーといったプラスチック製品を分別回収し、新たなプラスチック製品の原料とする取り組みを行っています。フォークリフトに使用するパレットや、段差を解消するスロープなども、この分別回収によって生まれています。

プラスチックをリサイクルできない理由には、財政的な事情もある

プラスチックが不燃ゴミではなく、可燃ゴミに指定されている自治体も、数多くあります。それはなぜでしょうか?

実際、プラスチックは焼却炉で簡単に燃やす(溶かす?)ことができるので、可燃ゴミにしても処理上の問題はありません。ただし、プラスチックを燃やすことで、不完全燃焼によるガスの発生などが懸念されるため、ベストの方法とはいえません。できればリサイクルするシステムづくりが求められるところです。

自治体としての一番の問題は、やはりコスト面です。プラスチックをリサイクルに回すよりも、そのまま他のゴミと一緒に燃やしてしまった方が、コスト面では安く済みます。そのため、財政面で余裕のある自治体にできるリサイクルシステムも、ギリギリの予算でやっている自治体には真似できないというのが実情なのです。

地域の粗大ゴミ回収で出すことのできる品目一覧

地域では可燃ゴミや不燃ゴミなどの一般ゴミの他に、「粗大ゴミ」の回収を行っています。粗大ゴミで何を回収できるかは、各自治体によって若干違いますが、ここでは神奈川県相模原市で回収している粗大ゴミの一覧をご紹介しましょう。

電気・ガス・石油・厨房器具

アイロン、映像・音響機器、温水洗浄機付便座、加湿器、ガステーブル(ガスコンロ、カセットコンロ)、カラオケ演奏装置、換気扇、給湯器、空気清浄機、クッキングヒーター、照明器具、除湿機、食器洗い乾燥機、食器乾燥機、ステレオセット、ストーブ、スピーカー、ズボンプレッサー、扇風機、掃除機、タイプライター、調理器、調理台、テレビアンテナ、電気こたつ、電子レンジ、電子レンジ台、流し台、パソコン周辺機器、ファクシミリ、布団乾燥機、風呂釜、ホットカーペット、ミシン、ワードプロセッサー

家具・寝具・建具

アコーディオンカーテン、衣装箱、椅子、衣類乾燥機台、オーディオラック、カーペット、じゅうたん、カラーボックス、鏡台・姿見、げた箱、サイドボード、スチール棚、洗面化粧台、建具、たんす、ついたて、机、テーブル、テレビ台、電話台、食器棚、茶だんす、本棚、布団、ブラインド、ベビーベッド、ベッド、ベッドマットレス、ロッカー、ワゴン

趣味・スポーツ・レジャー用品

オルガン、ドラムセット、キーボード、ギター、その他の楽器、クーラーボックス、計量器、健康器具、電動式ランニングマシーン、サイクリングマシーン、ぶら下がり器、美容器具、工具類、ゴムボート、ゴルフ用具、サーフボード、車両装備品、ルーフボックス、スキーキャリア、チャイルドシート、スキー用具、スノーボード、体重計、テント、発電機、ヘルメット、ボウリング用のボール、マッサージ機、編み機、傘、傘立て、車椅子、コート掛け、子供用遊具類、コンポスト容器、ごみ箱、作業用具類、作業用台車、室内用物干し、自転車、芝刈り機、ショッピングカート、手押し車、水槽、スーツケース、剪定枝、漬物用たる、トタン板、はしご、脚立、ペット小屋、ベニヤ板、ベビーカー、ホースリール台、ポリタンク、物置、物干竿、浴槽

例外的にコンクリートブロックやレンガ、耐火金庫、物干し台、つけもの石なども、粗大ゴミとして持ち込めます。ただし、これはあくまで相模原市の例です。回収品目は自治体によって違うので、各市区町村のホームページなどで確認しましょう。

家電やPC・タイヤなど、自治体で回収できない粗大ゴミは不用品回収へ

相模原市では、自動車、オートバイ、タイヤ、バッテリー、モーター・エンジン類、土・石・砂、石膏ボード、コンクリート製品、ピアノ、畳、LPガス容器、消火器、灯油・オイル、農薬、塗料、中身の入っているカセットボンベ、スプレー缶などについては、回収を行っていません。

「え!では消火器を処分するときは、いったいどうしたらいいの?」と、悩んでしまうかもしれませんが、ご心配なく!不用品回収業者なら、行政で処分してもらえない多くの物を引き取ってもらうことができます。

また、粗大ゴミとして処分せずにリサイクルするよう指定されている洗濯機や冷蔵庫・エアコン・テレビ・パソコンに関しても、不用品回収業者に任せることが可能です。

粗大ゴミ回収を依頼する!信頼できる不用品回収業者を見極めるポイント

粗大ゴミ

「粗大ゴミを処分するのに、不用品回収業者が便利なのはわかったけれど、いったいどこに頼んだら良いのかわからない」という人もいるでしょう。実際、ポストに入っていたチラシを見て頼んでしまい、多額の料金をボラれてしまったり、中には約束した日に回収に来ない業者までいるようです。同じ不用品回収業者も、サービスの質に関してはかなりバラつきがあるので、注意が必要です。

そこで、粗大ゴミを処分する際に、信頼できる不用品回収業者を見極めるためのポイントをご紹介しましょう!

不用品回収業者には、大きく分けて2種類ある

不用品回収業者というと、皆同じようなイメージがありますが、実際は大きく2種類に分かれています。それは、「リサイクルを目的としている業者」と、「ただ単に高額のお金をもらって処分することだけを考えている業者」です。どちらが良いかは言うまでもありませんが、問題はそれを見抜けられるかどうかでしょう。

① リサイクルを目的とした優良業者を見分けるには

リサイクルを主の目的とする優良業者を見分けるのは、意外と簡単です。そのポイントは「料金設定」。比較的低料金で、内訳が明確になっていれば、儲け主義のあくどい業者でないことがわかります。見積書に社名・住所・電話番号が載っていること、ホームページがしっかりとあり、そこに会社の沿革などがきちんと書かれていることなども確認しましょう。

② 「とにかく儲けたい」という一心の悪徳業者に注意!

ここ数年は不用品回収の需要が多く、簡単にお金を儲けやすいため、“もぐり”の業者があちこちにいることも事実です。たとえば家の近所を軽トラで走りながら「ただいま無料の廃品回収に回っております」とスピーカーで叫んでいる業者がいますが、こうした業者はほとんど不法業者と考えて間違いありません。

「あ、回収屋さんが来てくれた」と間違えて呼び止めてしまうと、最初に荷物を積んでしまって、後から「これに出張費と作業代がかかります」などと言って高額を請求してくるのが、常套手段です。

廃品回収車以外の業者でも、見積もりを取ったときに出張費や人件費が入っているのかよくわからないような曖昧な見積書を出してきた場合は、儲け主義の業者と疑った方が賢明です。この手の業者の多くは個人営業で、軽トラック1台でいかに利益を出すかを考えています。

そもそも料金表などというものはなく、お客さんを見てお金を巻き上げられそうだと思えば、いくらでも高く請求してきます。開業届も出していないので、税務署に申告することもなく、巻き上げたお金はすべて自分の懐に入れてしまいます。

正規ルートで回収すると、業者には「リサイクル料金+運搬費」が発生する

さて、不用品を引き取った業者がその後どうするかというと、ここにまた大きな違いがあります。リサイクル目的の業者は当然リサイクルに回すので、当然ながらリサイクル料金と運搬費がかかります。業者はお客さんから料金を受け取っても、そこから家電リサイクル料などを支払わなければならないので、実際の利益はそれよりかなり安くなるのです。

かたや儲け主義の悪徳業者はどうしているかというと、これがとんでもない行為に及んでいます。それは、「不法投棄」です。お客さんから不用品を受け取り、パソコンのCPUのようにお金に換金できる物だけを取り外し、残ったゴミはなんと! 人知れず山林などに投げ捨ててしまいます。

もしもこのゴミの中に手紙や日記など、個人を特定できるものが入っていたとしたら、どうなるでしょうか?警察が不法投棄を取り調べたときに、持ち主の名前を発見して連絡をするのは、不法業者ではなく処分を頼んだお客さんなのです。

いま、富士山がゴミだらけになって世界中から非難を浴びていますが、日本の誇りである富士山を汚しているのもまた、多くはこうした不法業者です。「リサイクルすればお金がかかるけれど、捨ててしまえばタダ」という考えの業者がはびこることは、日本の環境破壊にもつながる大問題です。これ以上不法業者をはびこらせないためには、何よりもまず私たち自身が賢くなって不法業者を見抜き、「絶対に不法業者に頼まない」と決めることが重要です。

優良業者と悪徳業者、料金・サービスの違いをチェックしてみましょう!

「悪徳業者がひどいことはわかったけれど、優良業者と悪徳業者では、いったいどのくらい料金が違うの?」というところが、一番気になるところですね。では、実際にどのくらい違いがあるのかを、業者の一例を挙げてご紹介しましょう!

創業30年、信頼と実績があるA社の場合

A社は地元密着の不用品回収業として長年の実績があり、お客さんからの評判も上々の会社です。A社の料金体系は明確で、近隣エリアは収集運搬費・車両費は無料。不用品を個別に頼む場合は、たとえば冷蔵庫なら、リサイクル券を持っている人は3,240円・持っていない人は6,480円(料金はすべて税込)、砂利はブロック1個分で324円、食器棚は幅60㎝以下で3,240円と細かく分かれています。

これに家具移動運搬費(1,080円~)というのがかかり、お客さんが玄関先まで不用品を出してある場合は無料というシステムです。また、2階から下におろす場合は1,080円プラス、袋詰めが必要な場合には45ℓのゴミ袋1袋につき108円プラス、解体作業が必要な場合には1,080円プラスというように、キッチリと決められています。

この業者さんの場合はパック料金がないため、少量の不用品を持って行ってほしいときに便利でしょう。

トラック積み放題パックのあるB社の場合

それに対して、「トラック積み放題パック」を前面に出している不用品回収業者もあります。B社は基本料金・車両費・出張費・査定費はすべて無料。9,800円(料金はすべて税込)でできる少量の粗大ゴミ回収から、軽トラック1台に積み放題の19,800円パック、2トントラック1台積み放題の39,800円パック、2トンボックストラック1台積み放題の79,800円パックに分かれています。

この料金には家電リサイクル料も含まれているので、引っ越しや大掃除で大量の不用品が出た場合、数点の家電リサイクル品を処分する場合などは、積み放題パックを利用した方がお得でしょう。2個程度の不用品を処分する場合でも、物によってはB社の9,800円パックを利用した方が、お得になるかもしれません。

不法業者にまんまと乗せられた、Cさんの場合

A社やB社のような良心的な会社とは打って変わって、お客さんの弱みにつけ込んで高額の回収費をせしめる業者もあります。あちこちの個人宅にチラシを撒くなどして、不用品を急いで片付けたい人をねらう商売をしています。

そうとは知らないCさんは、引っ越し間際に出てしまった沢山の不用品を前に途方に暮れ、「もしかしたら使うかもしれない」と取っておいたチラシの業者に、電話を入れてしまいました。軽トラックで訪れた業者は私服で態度も悪く、「引っ越しで出た不用品を片付けてほしい」とCさんが言うと、「すぐに持って行ってほしいなら、全部で12万円かかります」とふっかけられてしまいました。

業者は見積書を作る様子もなく、Cさんが急いで不用品を片付けようとしている状況を見て、「これは金になる」と踏んだのです。「え!そんなにかかるの?」と一瞬たじろいだCさんでしたが、たしかに今持って行ってもらわなければ困るし、ほかの業者を探している余裕もありません。仕方なくCさんは、業者のいいなりになって12万円を支払いました。

不用品回収業者を選ぶときは、電話やサイトのページで情報収集を

Cさんのようなケースはけっして特別ではありません。悪徳業者にかかって法外な値段を請求された人は、実際に少なくないのです。このようなことにならないよう、不用品回収業者を選ぶときは事前にしっかりと情報収集をして、実際に電話で問い合わせをするなどして、確かな業者かどうかチェックをしましょう!当サイトでランキング上位にある回収業者の中から、3社ほどをピックアップし、それぞれに見積もりを取ってもらうことをお勧めします。

遺品整理を頼む際は、廃棄物をどう処分するかを確認すること

不用品を処分するタイミングは、引っ越しや大掃除だけではありません。実家の親が亡くなり、遺品整理をしなければならないときにも、不用品回収業者に依頼するケースが増えています。

このときに重要なのが、業者が廃棄物をどのように処分しているかをチェックすることです。良心的な業者は、遺品整理業務に必要な許可をきちんと取得し、しかるべき方法で廃棄物を処理してくれます。しかし不法業者の場合は、廃棄物の処分費用を抑えるために山中に不法投棄をしたり、人知れず燃やすなどして処分しているのです。

遺品の中には手紙や日記など、個人を特定できる情報が含まれているため、不法業者に遺品整理を頼むのは非常に危険な行為です。遺品整理の見積もりを取るときには、必ず廃棄物の処分方法を確認し、安心な業者かどうかを確かめておきましょう。

まとめ|粗大ごみ回収は不用品回収業者を利用するのもアリ

粗大ゴミの回収・処分は、「たかがゴミの処分だから」と安易に考えていると、あまりの大変さに「もう二度とやりたくない!」と懲りてしまう人もいます。そんなときは、時間と労力をかけて行政の粗大ゴミ収集に出すよりも、不用品回収業者に頼んで楽チンに処分する方が賢いかもしれません。

ゴミの量が昔では考えられないほど増えてしまっている現代、物を買う方法も多種多様なら、捨てる方法もひとつではありません。行政の粗大ゴミ回収と、民間の不用品回収業者。それぞれのメリットを上手に活用して、賢く使い分けてはいかがでしょうか。

簡単1分で入力完了!最大3社一括で無料お見積もりが可能!

※東京・埼玉・神奈川・千葉限定

あわせて読みたい

この記事を共有する

  • Twitter
  • Facebook
  • Googleplus
  • HATENA
  • POKET

同じカテゴリの記事

お住まいの地域の
不用品回収業者を探す

関東

不用品回収業者
無料一括見積りはこちら

かんたん入力で
最大3社から
見積が届きます!

お問い合わせの多い人気の回収業者をランキングでご紹介!

  • 1
    スマイルワン スマイルワン 「スマイルワンに頼んでよかった」と言われる理由は? どこよりも安い回収料金 スマイルワンの一番の特徴は、“どこよりも安い回収料金”です。エリアを関東のみに絞り、
  • 2
    クリーンライフ クリーンライフ 埼玉・千葉を中心に最安価格で不用品回収 2015年の千葉・埼玉エリアの相見積もりからの依頼率は“88%”! クリーンライフは、個人のお客様の不用品や粗大ごみに関
  • 3
    片付けクリーンアップ 片付けクリーンアップ 片付けクリーンアップがお客様に選ばれる理由 他の業者より圧倒的に安い 「“お片付け業界最安値宣言”とはいっても、他社より高いこともあるのでは?」と思っている人も