ゴミ屋敷の片付け

家が散らかる原因はこれだった! ゴミ屋敷にならない方法

家中がゴミの山になった「ゴミ屋敷」を見ると、思わずゾッとしますが、その一歩手前でどうしたら良いかわからない人も少なくありません。ゴミ屋敷になってしまう、その原因とはなんでしょう?

簡単1分で入力完了!最大3社一括で無料お見積もりが可能!

※東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県限定

家が散らかる、ゴミ屋敷になってしまう原因はいったい何?

片付け

ゴミ屋敷になってしまう一番の原因は「物が捨てられないこと」

家が散らかっている人に話を聞くと、ほとんどの人が「物が捨てられない」と答えます。「もう3年以上着ていない洋服だけど、いつ着るかわからないから捨てられない」という“もったいない派”もいれば、「あれもこれも思い出の品だから、捨てられない」という“思い出に浸る派”もいます。

家具から洋服・電化製品・小物・本に至るまで、「もしかしたら使うかもしれない」「もったいない」と捨てられずにいると、どうしても家の中は散らかってしまいます。この場合、いくら家を片付けようと思っても、物自体が多いので徒労に終わってしまいます。

どうしたらゴミ屋敷を片付けられる?

1年以上使っていない物は、自分の生活に必要がない物なので、思い切って処分をする」、これが物をスッキリと片付けるための王道です。

まったく関係のない話になりますが、株をやろうとした人が「株価が下がった時に思い切って損切りをできない人は成功できない」と言われても、「やっぱり損をするのはイヤ」と思ってしまうと、本当にうまくいきません。逆に、素直に損切りを実行できた人は、最初は損をしても、だんだん成功率が高まってきます。

片付けも同じで、「物を捨てなくても何とか片付くのではないか?」と思ってしまうと、ほとんどの場合スッキリ片付くことはできないのです。ゴミ屋敷に暮らしている人の多くが、物を捨てられずにそうなってしまったことを考えてみても、予想がつくでしょう。

「いらない物と決別する!」、これはゴミ屋敷にならないための、ベストの方法です。そうしてスッキリした後は、置き場所をはっきり決める、新しい物をひとつ買った時はいらない物をひとつ処分するなど、ルールを決めて守るようにしましょう。

ゴミ屋敷の原因として整理整頓が苦手な人もいる

「そもそも部屋を片付けるのが嫌い」という人や、「どうしても片づけをやる気になれない」という人、「収納グッズを買っても、そこに物を戻せない」という人など、整理整頓が苦手な人の理由はさまざまです。

中には、成長期に親が身のまわりのことを何でもやってしまったために、物を片付けるという経験に乏しい人もいます。そういう人が結婚やひとり暮らしによって親から離れると、当然ながら「どうしたらいいかわからない」という状況になってしまいます。

どうしたらゴミ屋敷を片付けられる?

まず、自分の家は散らかっているのだと、はっきり自覚することが大切です。そして「絶対に片付ける必要があるのだ!」という強い意志をもって、整理整頓に臨みましょう。「これくらいなら、そのままでもいいんじゃないか?」「どうせ人が来るわけでもないし」と思ってしまうと、ただでさえやりたくない仕事なので、ズルズルと散らかったままになってしまうケースが少なくありません。

たとえば、あえて知り合いの家を訪ねてみるというのも、ひとつの方法です。その家と自分の家を比べてみれば、どれだけ自分の家が散らかっているかも納得できるはずです。

また、雑誌の収納特集などを見て、それを真似してみるのもいいでしょう。収納グッズが載っていたら、それと同じ物を購入し、とことん真似をすると上手くいきます。「雑誌を見ても、同じようにできない」という場合は、思い切ってプロの収納アドバイザーに来てもらう方法もあるでしょう。

それなりのお金はかかってしまいますが、ある意味痛い思いをすることで、「これからは絶対にきれいな家にするんだ!」という気持ちを持つことができます。プロのアドバイザーと一緒に片付けながら方法を学び、二度とゴミ地獄に落ちないように確かな収納テクニックをマスターすることです。

ゴミ屋敷になってしまう原因として最も多いのが、そもそも片付ける時間がない

性格的な問題があるわけではなく、仕事や子育て・介護などの理由で忙しく、整理整頓のための時間が作れない人もいます。時間を上手に使ってテキパキやるタイプなら、忙しくても何とかなるかもしれませんが、普通は忙しさに紛れて家が散らかってしまうことが多いのが現実です。

どうしたら片付けられる?

自分で何とか対処できる散らかり具合なら、片付ける時間を作ることが先決です。家事や子育てに忙しい人は、親族や友人に子守を頼んだり、「この日だけは思い切って家事代行を頼もう」と決めて自分の時間を作り、徹底的に家を片付けましょう。

問題なのは、自分でどうしようもできないほど散らかってしまっている場合です。そのような場合は、一度家の中の物をリセットするしか方法はありません。「これだけは残しておきたい」という物を残して、あとは不用品回収業者に連絡をし、まとめて片付けてもらいましょう。片付けた後の掃除まで頼めば、完璧にリセット完了です。

そのうえで、自分で雑誌を見ながら収納を工夫するなり、プロの収納アドバイザーから指導を受けるなりして、今度こそ散らからない家づくりを目指しましょう。

ゴミ屋敷になってしまう人は、注意欠陥などの病気だったという場合もある

家の中が片付けられない原因が、実は病気にあったという場合もあります。自閉症のひとつである「アスペルガー症候群」や、注意欠陥障害・多動性障害と言われる「ADHD」などの症状があると、家を片付けられずにゴミ屋敷のようになってしまいます。

また、幼少期に虐待を受けたり、親に愛情を注いでもらえなかった人は、部屋に物を溜め込む「ホーディング」と呼ばれる症状が起きてしまうことがあります。大事な家族が突然死んでしまったなどの精神的なショックで、生きる望みを失ってしまった人も、同じようにゴミ屋敷と化してしまうケースがあります。

どうしたらゴミ屋敷を片付けられる?

病気や心の傷が原因で片付けられない場合は、メンタル面の専門家に相談をするのがベストの方法です。そして、ゴミ屋敷となってしまった家の中は親族と一緒に片付けたり、不用品回収業者を呼んで片付けてもらいましょう。

簡単1分で入力完了!最大3社一括で無料お見積もりが可能!

※東京・埼玉・神奈川・千葉限定

あわせて読みたい

この記事を共有する

  • Twitter
  • Facebook
  • Googleplus
  • HATENA
  • POKET

同じカテゴリの記事

お住まいの地域の
不用品回収業者を探す

関東

不用品回収業者
無料一括見積りはこちら

かんたん入力で
最大3社から
見積が届きます!

粗大ゴミ・不用品回収業者をランキングでご紹介!

  • 1
    スマイルワン スマイルワン 「スマイルワンに頼んでよかった」と言われる理由は? どこよりも安い回収料金 スマイルワンの一番の特徴は、“どこよりも安い回収料金”です。エリアを関東のみに絞り、
  • 2
    エコアール エコアール 埼玉・千葉を中心に最安価格で不用品回収 2015年の千葉・埼玉エリアの相見積もりからの依頼率は“88%”! エコアールは、個人のお客様の不用品や粗大ごみに関する
  • 3
    片付けクリーンアップ 片付けクリーンアップ 片付けクリーンアップがお客様に選ばれる理由 他の業者より圧倒的に安い 「“お片付け業界最安値宣言”とはいっても、他社より高いこともあるのでは?」と思っている人も